トップページ > よくTVCMや街角で見かけるアコムで

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

よくTVCMや街角で見かけるアコムで

よくTVCMや街角で見かけるアコムですが基本的にテレビCMでは消費者向けしか宣伝していません。

消費者向けのみの印象ですが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは通常のノンバンク系のローンと違い対象を法人ではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンでは上限を最大で500万?1.000万設定なのに対しアコムのローンは最高で300万までと上限が少し低く設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように限度額まで何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのフリーローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています融資で資金繰りをする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今回は様々な金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保になると1%台での貸付も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、変動年金利で2%台からと低利子ですがほとんどの場合で担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローン会社の場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

フリーローンで資金繰りをしている方の中には今借り入れしているローン会社よりも低金利のローン会社を見つけたから借り換えを考えているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が基本的に自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり仕事用に使うために借りることはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはフリーローンで借りなければいけません。

そもそもフリーローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と金利が高くなりがちだけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

世の中にビジネスローン会社は多く存在しますが正直、審査基準などがどうなっているかわからずどのローンを活用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから特徴などを調べてみました。

アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資された。

」という利用者や赤字決算に陥ってしまい融資が必要なときに資産と収益などを評価してもらって希望額を借入できたということもあるようです。

他の特徴として、従業員3名以下の小規模経営の経営者の利用が多いようです。

公式HPではわからない情報がわかることもあります。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算に陥ってしまって資金集めが必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のフリーローンなら可能性はあります。

例えば、ビジネクストの場合では必要書類の本人確認書類と法人では登記簿謄本と決算書2年分の提出で審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」というフレーズ通り実際に赤字でも融資をしてもらえたという利用者も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

創業を考えている人の中にはビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は低金利な公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例として、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。

何かしらの手続きをする際に用意しなければいけないものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

@健康保険証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば申込審査が受けられますが場合によっては、終始計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資・公的融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。

日頃、生活していると、広告などでフリーローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは商品などを宣伝するためだけに限定されたもの、キャッチフレーズは商品の説明など宣伝以外など含まれる場合に使われます。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

実際に2009年から2018年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

小規模の会社では発注予算が足らないなど短期間での融資のニーズが多く、そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするフリーローンです。

選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ