トップページ > 中小企業の経営者の中には市場の変化や退職金な

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

中小企業の経営者の中には市場の変化や退職金な

中小企業の経営者の中には市場の変化や退職金などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は断られることも多いです。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら赤字でも融資してくれるかもしれません。

例として、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

「決算内容だけで判断していません」という触れ込み通り赤字でも融資を行ってもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

世の中に色々なフリーローンがあります。

その中には、一般的に思い浮かべる銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここでは銀行系ではない信販会社などのやっているローンの申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出しなければいけない書類を用意しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本や確定申告書が必要な場合もあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

インターネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日融資というローンもあるようです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする言葉があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索して一番上に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金や運転資金に良いのではないでしょうか。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

そのためすぐに資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

よくCMや街角などいたるところで見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けローンしか宣伝していません。

そのため消費者向けのみのイメージを持ちがちですが実は、フリーローンも行なっています。

アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと違い貸付対象を法人向けではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンでは最大で500万?1.000万くらいが融資上限なのに対しアコムのローンはご利用金額上限300万までと設定されています。

他に差別化されている点としては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように繰り返し利用できることです。

また、申し込み後の審査期間も多くのビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっていますお金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを想像しますが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり事業用にお金を借りることはできません。

事業者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けてみなさんが想像する比較的低金利の銀行融資と銀行融資より高金利だけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早いかというと銀行融資では平均1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に大きな差があります。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

世の中にフリーローン会社は多く存在しますが正直、審査内容の基準や仕組みなどがどうなっているかわからずどのローンを利用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判や特徴などを調べてみました。

実際にアップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算に陥ってしまい融資が必要なときに資産と収益などを評価してもらって希望額を借入できたということもあるようです。

他にも、従業員3名以下の小規模経営の利用が大半ということなど公式HPではわからない情報がわかることもあります。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?多くの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではフリーローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

@パスポートなどの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、登記事項証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。

日頃、TVを見ていると、フリーローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく聞くことが多いです。

こういったキャッチコピーって語呂が良くて覚えやすいものも多いですよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほぼ変わらないと捉えても良さそうですが性格にはその言葉がどの対象に向けて使われるかによる違いがあるようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは雑誌の見出しなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

個人事業主、自営業者の方にとって事業のための資金調達は経営上非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が少ないです。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫からの貸付や銀行融資など経営状況によって様々な選択ができますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達方法としてアプラスなどのビジネスローンの利用を検討しましょう。

フリーローンごとに金利など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはフリーローンの利用を資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借り受けたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行機関の行う融資がよいでしょう。

例として、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で2%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ