トップページ > 様々な手続きをする際に必要なものといえば

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

様々な手続きをする際に必要なものといえば

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なるので準備するのが大変なんですよね。

ここではフリーローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点が揃っていれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書の提出が不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めてその銀行と取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

フリーローンで資金をどうにかしようと考えている方、どのローンを使おうと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借りるのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもPCで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むに当たって1つ条件があります。

それは、ヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的は基本的に自由となっていますが事業目的に使用できません。

一方でフリーローンは経営者を対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行をイメージする方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを想像しますが消費者向けカードローンを使って借りたお金は仕事用に使うために借りることはできません。

ビジネス用にお金を使うにはビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもフリーローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けるとみなさんがイメージする銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査の早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

世の中には様々な種類のフリーローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやクレカ会社として有名なオリコなどの信販会社の行なっているローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローン商品で必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに確定申告書などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはインターネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今回は3種類の金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低利子ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローン会社の場合は最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、すぐに資金が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンです。

フリーローンにはいろいろな特徴があります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると審査時間が短いことなどです。

また、フリーローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開業資金の融資の話の場合でも事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

資金繰りに悩んだ際に頼りになるフリーローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

ネット上の口コミやレビューなどをもとに調べてみました。

やはり気にしている方が多い点は融資までの速さのようです。

審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループなどどこのグループ会社なのか、利用者が今までにどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず見ておきたいのが最大限度額や金利、返済期間をどこまで遅く設定できるかではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

ビジネスローンを利用して資金を集めた方の中には今借り入れしているローンよりも低金利のローンを見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結果から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が基本的に自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところでA社からすると貸してた相手から完済してもらっただけということになります金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

企業経営をしている人の中にはフリーローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けのローンや農業経営者向けのローンなど様々なローン商品が用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンの場合5年以内の返済では優遇金利で1.2%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ