トップページ > フリーローンで資金集めをしようと考えている

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

フリーローンで資金集めをしようと考えている

フリーローンで資金集めをしようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?悩んでいるならジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンのメリットとして、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、申し込み、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むに当たって1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへの出店歴があるかという内容です。

そのため、ヤフオクなどへ出店している人にオススメのローンです。

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字を出してしまった、なってしまいそうなのでフリーローンで資金集めを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

キャッチコピーとキャッチフレーズは同じという人もいますがキャッチコピーとの使い分けではどのような部分なのでしょうか。

調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同一と捉えていいようですが厳密にはその言葉が使われる用途によって違いがあるようです。

キャッチコピーは商品などを宣伝するためだけに限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって資金繰りが必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも融資を行ってもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と記載されていますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

融資で資金調達をする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で借りたいですよね。

そこで、今回は様々な金融機関による金利の相場を調べてみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での貸付も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行フリーローンでは、2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローン会社の場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

創業を考えている人の中にはビジネスローンで考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で2%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何をイメージしますか?多くの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではフリーローンを借り受ける際に必要な書類を調べてみました。

@健康保険証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書の提出が不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを考えますが消費者向けカードローンを使って借りたお金は仕事用に使うために借りることはできません。

もし事業用に使いたいならビジネスローンで借りなければいけません。

でも、フリーローンとはどういったものか知らない人も多いと思います。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と銀行融資より高金利だけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査の早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に大きな差があります。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

設備投資をしたいけど予算がない、来月の仕入れが厳しい、そんなときに利用を考えるのがフリーローンです。

フリーローンには色々なメリットがあります。

例えば、銀行期間の融資時に必要な担保や保証人が原則不要なことや審査から融資までスピーディーに行われることなどです。

また、フリーローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開業資金の融資の話の場合でも事業計画所提出で審査を行ってくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合の選択肢になると思います。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

世の中には様々な種類のフリーローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここでは銀行系ではない信販会社などのやっているローンの申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出しなければいけない書類を用意しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必須なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはインターネットで申し込むだけです。

HPからの申し込み時に本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日融資というローンもあるようです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ