トップページ > 事業を始める際の強い味方であるビジネスローンで

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

事業を始める際の強い味方であるビジネスローンで

事業を始める際の強い味方であるビジネスローンですが色々な機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も違うので借りる時期などでどのローンを使うのがお得かを把握しておくことが大切です。

すぐに資金の準備が必要なときにおすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において審査から融資までが早いですが金利が6%?18%の間と幅広く設定されています。

逆に、支払い期限などの時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算に陥ってしまって資金繰りが必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行は融資を渋る傾向があります。

ノンバンク系のフリーローン会社なら融資してくれるかもしれません。

例として、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは審査期間が明記されていませんが基本的に赤字決算企業の審査の場合は即日融資は厳しいようです。

個人事業主、自営業者の方にとって新規事業立ち上げなどの事業のための資金調達は経営上重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と違い資金調達方法の選択肢が限られています。

例として、法人の場合では、日本政策金融金庫や銀行プロパー融資など経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主の場合、日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達源としてアプラスやビジネクストなどのフリーローンの利用を検討しましょう。

フリーローンごとに必要書類など条件は違うので申し込む際は気をつけてください。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は多くを占めますがやはり資金面は不安定になりがちです。

実際に2009年から2018年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業が多いそうです。

小規模の会社では発注予算が足らないなど短期間での融資のニーズが多く、特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手とされています。

フリーローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが融資が必要なときに利用するのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシング(カードローン)は個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由となっていますが事業目的に使用できません。

一方でフリーローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くの金融機関では担保が原則不要となり即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は自分の事業用に使うために借りることはできません。

ビジネス用にお金を使うにはフリーローンで借りなければいけません。

でも、フリーローンとはどういったものか知らない人も多いと思います。

大きく分けるとみなさんが想像するする銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

資金繰りに悩んだ際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選択したら良いのでしょうか。

ウェブ上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている点は融資までの速さのようです。

一例を挙げると審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、三井住友銀行グループなどどこのグループ会社なのか、今までにどのくらいの人が利用したかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に確認しておきたいのは最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので参考にしてください。

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではフリーローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

@マイナンバーカードなどの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

日常生活をしていると、フリーローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーは印象に残りますよね。

似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとはどのような理由から使い分けされているのでしょうか。

調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは広告などの宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンでは、2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっている分審査から融資までが早いです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ