トップページ > よくテレビCMや街角で見かけるアコムですが基本的に

フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの?

フレーム上

よくテレビCMや街角で見かけるアコムですが基本的に

よくテレビCMや街角で見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けローンしか宣伝していません。

実は、フリーローンも行なっているのをご存知ですか?アコムのローンは通常のノンバンク系のローンと違い法人向けではなく個人事業主を対象にしています。

そのため、多くのローンではご利用金額上限が500万?1.000万くらいなのに対しアコムのローンは上限を最高で300万までに設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていればご利用限度額まで消費者受けカードローンと同じように何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのフリーローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算を出してしまい融資を考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は通りづらいです。

でも、ノンバンク系のフリーローンなら赤字でも融資してくれるかもしれません。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記簿謄本と決算書2年分の提出で審査が行われます。

提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも借り受けできたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は厳しいようです。

日頃、TVを見ていると、フリーローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーは語呂が良くて口ずさんでしまうときがありますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

辞書を使って調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による違いがあるようです。

キャッチコピーは商品などを宣伝するためだけに限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

世の中にたくさんあるフリーローン会社ですが正直、審査内容などがどうなっているかわからずどのローンを使えば良いか悩んでしまいますよね。

口コミなどから特徴などを調べてみました。

例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で審査の申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算に陥ってしまい融資が必要なときに資産と収益などを評価してもらって希望額を借入できたということもあるようです。

他にも、顧客の大半が従業員3名以下の小規模企業ということがわかるなど公式HP以外も参考にしてみてはいかがでしょう。

新しい設備が欲しいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

フリーローンには様々なメリットがあります。

例えば、担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると融資までの時間が短いことなどです。

また、フリーローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開店などの場合でも事業計画所提出で審査を行ってくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合の選択肢になると思います。

同様に会社の業績が浅かったとしても申し込み・審査ができます。

近年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小さい規模でビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

実際に2009年から2018年にかけて中小企業は39万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業が目立つそうです。

こういった小規模の会社の設備投資など短期間での融資のニーズに応えるのがフリーローンです。

そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

世の中には様々な種類のフリーローンがあります。

その中には、一般的に銀行融資と言われる銀行系のローンやオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローン商品の申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出する必要書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必須なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに確定申告書などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはネットで申し込むだけです。

インターネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

資金繰りに困った際に頼りになるフリーローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている数が多いのが融資までの速さのようです。

申込してから審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループなどどこのグループ会社なのか、今までにどのくらいの人が利用したかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず確認しておきたいのは最大限度額や金利、最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何をイメージしますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。

ここではフリーローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンをイメージしますが消費者向けカードローンを使って借りたお金はビジネス用に使うためことはできません。

もし事業用に使いたいならフリーローンで借りなければいけません。

でも、フリーローンとはどういったものか知らない人も多いと思います。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と高金利だけど申し込みから融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2018 フリーローンの審査は甘い?低金利で借り換えもできるの? All Rights Reserved.

ページの先頭へ