NISA口座を作るときの必要書類は何?準備に時間がかかる?

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAの口座開設の必要書類を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

必要書類が用意できずNISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。その場合の必要書類についてもしっかりと調べておきましょう。

参考:NISA口座開設の必要書類は?【なぜ住民票がいるの?】

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、ネット証券がおすすめです。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、非課税期間終了時の必要書類に含み損が生じていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はキャンペーンスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回だけ変更可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。