住宅ローンアドバイザーとコンプライアンスとは?

住宅ローンアドバイザーというのは、利用者の収入や財産、ローン情報などとても大切な個人情報を知ることになります。
普通だったら周囲の人には知られたくない情報ばかりなので、万が一その情報が漏れてしまったら大変なことになってしまいます。
ですので、住宅ローンアドバイザーは個人情報の保護、コンプライアンスについてしっかりと遵守していかなくてはなりません。
お客さんから聞いた個人情報をきちんと保護してプライバシーの侵害をすることのないように、責任を持って仕事をする必要がある資格だと言えるでしょう。
どうしても住宅ローンを販売したいからといって、知りえた個人情報を他のことに使用したりすることは絶対にあってはいけません。