発毛促進剤の種類は有効成分で区別される?

発毛促進剤の種類は、主にその有効成分で区分することが出来ます。
まず代表格として挙がってくるのが「ミノキシジル」を配合した系列の発毛促進剤です。
ミノキシジル系の発毛促進剤には、内服タイプと外用タイプがあります。
ただし、副作用の方も内服錠剤タイプの方が出やすいので注意が必要です。
もう一つの系統としては「プロペシア」を配合した発毛促進剤です。
男性によく見られるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモン「テストステロン」が5-αリダクターゼという酵素の働きでDHT(デヒドロテストステロン)というホルモンに変わることで起きます。
成長期が短くなった毛髪は充分に成長しないまま脱毛期を迎えてしまいますので、薄毛になっていくという仕組みです。
こちらも外用タイプと内服タイプが存在します。
【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?